東京リングガイド Archives | 結婚指輪に手作り指輪を東京で探す

HOME » 東京リングガイド

東京リングガイド

結婚指輪購入口コミ「結婚指輪はオーダーメイドなので時間はかかります」

1. 性別

女性

2. 購入時の年齢

40代

3. 現在、結婚何年目ですか?

4

4. 購入した結婚指輪の価格を教えてください(お二人それぞれの価格)

両方とも一つ約4万円

5. お持ちの結婚指輪に決めたポイントを教えてください(デザイン面、予算面、好みのブランドなど、視点はご自由に述べてください)

シンプルなデザインが良かったので決めたのとプラチナの指輪では安価だったことです。

主人が結婚指輪のうわさと婚約指輪のうわさを取り違えてしまい、給料3か月のお金がかかると思い込んで悩んでいました。

私はスマホの検索で探して、4万前後の指輪があることを教えました。

私たちは入籍して4か月後に結婚式を挙げたので、結婚式で必要な結婚指輪を探していたのです。

ちょうどお祝いのお金があったのでそれを購入資金に充てました。

シンプルなデザインで、プラチナがいいというのは私のこだわりです。

Click≫ 『結婚指輪購入口コミ「結婚指輪はオーダーメイドなので時間はかかります」』

結婚指輪購入口コミ「オーダーメイドの指輪である為、デザインを何点か提案していただきました」

1. 性別

男性

2. 購入時の年齢

30代

3. 現在、結婚何年目ですか?

結婚5年目

4. 購入した結婚指輪の価格を教えてください(お二人それぞれの価格)

夫:20万、妻:30万

5. お持ちの結婚指輪に決めたポイントを教えてください(デザイン面、予算面、好みのブランドなど、視点はご自由に述べてください)

結婚指輪を購入するにあたり、まずは予算50万円としました。

結婚指輪自体これからの人生の中でずっと付けるものである為、出来るだけシンプルなものが良いと思いその旨をお伝えしました。

ただ、店員の方からは女性に関しては小粒のダイヤを入れた方がアクセントになった方が良いかもしれないとアドバイスをいただき、私(男)はシンプルで装飾が無い指輪、妻はシンプルでありながら小粒のダイヤを入れた指輪を提案して頂き、私も妻もそのデザインに納得できたため、購入しました。

Click≫ 『結婚指輪購入口コミ「オーダーメイドの指輪である為、デザインを何点か提案していただきました」』

東京で良い結婚指輪が手作りできるおすすめの工房は?

東京は工房の数が多すぎる

東京で、良い結婚指輪が手作りできるところは何処かにないものでしょうか。試しにスマホで検索をかけてみると、かなりの数がヒットします。少なすぎるのも考えものですが、多くなりすぎるのも頭が痛い問題です。
そこで結婚指輪が手作りできる、おすすめの工房についてご紹介します。
Click≫ 『東京で良い結婚指輪が手作りできるおすすめの工房は?』

結婚指輪購入口コミ「2人でつけるものなのでオーダーメイドでもいいと思いますし、デザイン重視でいい」

1. 性別

男性

2. 購入時の年齢

30代

3. 現在、結婚何年目ですか?

1

4. 購入した結婚指輪の価格を教えてください(お二人それぞれの価格)

11万円と10万円

5. お持ちの結婚指輪に決めたポイントを教えてください(デザイン面、予算面、好みのブランドなど、視点はご自由に述べてください)

私は男性なのでシンプルなデザインにしようと決めていました。

ブランドなど知識は全くないのでとりあえずお店に行って相談する形にしました。

値段はダイヤの大きさや数で上下するような感じでしたので値段ではあまり悩んだりはしませんでした。

ブランドもわからないのでホントにデザインだけで決めました。

嫁が選んだ指輪に合うシンプルなデザインということで選択肢もそんなに多かったわけではないので、指輪の太さだけ考えて購入しました。

Click≫ 『結婚指輪購入口コミ「2人でつけるものなのでオーダーメイドでもいいと思いますし、デザイン重視でいい」』

東京都内で格安の結婚指輪を探すのは難しい!

結婚するにはお金がかかる

結婚をするのには、お金がかかります。挙式代(衣装代・食事代・装花代など)には、平均相場300万以上といわれています。結婚式を挙げれば、終わりではありません。新居を構えるにも、当然お金はかかるでしょう。独身時代に住んでいた家から引っ越すとなると、引越し料金もかかります。合計いくらになるのか、考えるだけでも背筋が寒くなるのは必須です。
だから結婚指輪だけにお金をかけてしまうと、後の生活が怖いことになります。そのために格安で売っている結婚指輪を探す羽目になりますが、そう簡単に見つかるでしょうか。東京都内で格安の結婚指輪を探すのは、宝くじで一等賞当てるより難しいかもしれません。
Click≫ 『東京都内で格安の結婚指輪を探すのは難しい!』

結婚指輪購入口コミ「初めて買って贈ったBLOOMの指輪にすることにしました」

1. 性別

男性

2. 購入時の年齢

20代

3. 現在、結婚何年目ですか?

2

4. 購入した結婚指輪の価格を教えてください(お二人それぞれの価格)

80,000円

5. お持ちの結婚指輪に決めたポイントを教えてください(デザイン面、予算面、好みのブランドなど、視点はご自由に述べてください)

以前より結婚指輪はあまり派手ではない落ち着いたデザインのものにしたいと考えていました。

見せつけるような指輪をして人に嫌な印象を与えたくなかったからです。

いろんなお店を周りながら悩んでいるときに妻が「付き合い始めて初めて買ってもらった指輪と同じブランドの結婚指輪にしたい」と言い出し、僕が初めて買って贈ったBLOOMの指輪にすることにしました。

予算的にも他のお店に比べて余裕があったのでそのままそこのブランドで気に入ったものを購入しました。

Click≫ 『結婚指輪購入口コミ「初めて買って贈ったBLOOMの指輪にすることにしました」』

東京で結婚指輪が手作りできるところを探す方法

まずはスマホやパソコンで検索

東京で結婚指輪が手作りできるところを探すのなら、今すぐスマホかパソコンで検索してみて下さい。東京だけでも、かなりの工房や店がヒットするかと思います。そして、とりあえず目についた店をチェックしてみて下さい。チェックする歳は、購入するかどうかは別として考えます。
「目についた」ということは、何か惹かれるものがあったからです。もしかしたら豪華絢爛デザインの指輪かもしれませんし、単に外装がオシャレな店だっただけの話かもしれません。安い指輪が目についただけの可能性もあります。きっかけは何でも構いません。とにかく深く考えず、目についた店だけをチェックしましょう。
Click≫ 『東京で結婚指輪が手作りできるところを探す方法』

結婚指輪購入口コミ「主人の友人がジュエリーデザイナーで世界でたった2つの指輪を制作してくれた」

1. 性別

女性

2. 購入時の年齢

40代

3. 現在、結婚何年目ですか?

20

4. 購入した結婚指輪の価格を教えてください(お二人それぞれの価格)

旦那40万 私60万

5. お持ちの結婚指輪に決めたポイントを教えてください(デザイン面、予算面、好みのブランドなど、視点はご自由に述べてください)

はじめは、カルティエの結婚指輪が良かったのですが、主人の友人がジュエリーデザイナーで世界でたった2つの指輪を制作してくれるとの事でその主人の友人に結婚指輪の依頼を致しました。

予算は、当初検討していたよりもお安くすんだので良かったです(笑)デザインは、構想段階でいろいろと主人の友人が私の意見も取り入れて頂けたので納得のいくデザインに仕上がり、世界で2つの結婚指輪ができ主人の友人に依頼してよかったなって思いました。

Click≫ 『結婚指輪購入口コミ「主人の友人がジュエリーデザイナーで世界でたった2つの指輪を制作してくれた」』

結婚指輪購入口コミ「カルティエの凝ってないシンプルなプラチナリング」

1. 性別

女性

2. 購入時の年齢

20代

3. 現在、結婚何年目ですか?

2年目

4. 購入した結婚指輪の価格を教えてください(お二人それぞれの価格)

私15万 夫13万

5. お持ちの結婚指輪に決めたポイントを教えてください(デザイン面、予算面、好みのブランドなど、視点はご自由に述べてください)

決めたポイントは、夫が日本のブランドではなく、海外のブランドがいいという意見だったからです。

私は十万円以下でデザイン重視だったのですが、買ってもらう立場だったので夫の意見に沿うことにしました。

カルティエで結婚指輪を見たところ、長くつけるならデザインは凝ってないシンプルなものでプラチナリングがいいというところは意見が合い、デザインは凝っていないストレートにしました。

私の方は中央に一つダイヤがある結婚指輪にしました。

Click≫ 『結婚指輪購入口コミ「カルティエの凝ってないシンプルなプラチナリング」』

結婚指輪のルーツや交換する理由を紹介

結婚指輪のルーツは9世紀から

結婚指輪は結婚式を挙げる・挙げないに関わらず購入するカップルがほとんどでしょう。
しかし、なぜ結婚する時に指輪を購入するのか、よく知らないという人も多いと思います。

結婚指輪の始まりは、9世紀にまでさかのぼります。
実は、男性から女性に婚約指輪を贈るという習慣は、さらに前からありました。
結婚指輪については、当時のローマ教皇が妻に指輪を贈ったことを機に、貴族の間で広がったと言われているのです。
結婚指輪は「結婚の象徴」として考えられるようになり、15世紀ごろにはダイヤモンドを施した結婚指輪が用いられるようになりました。

結婚指輪が日本に伝わったのは明治時代と言われています。
戦争が終わって生活様式が西洋化し、ダイヤモンドの輸入が解禁されてから、ダイヤモンドを装飾として用いるようになったのです。

Click≫ 『結婚指輪のルーツや交換する理由を紹介』