もしも結婚指輪を紛失してしまったら | 結婚指輪に手作り指輪を東京で探す

HOME » 東京リングガイド » もしも結婚指輪を紛失してしまったら

もしも結婚指輪を紛失してしまったら

まずは落ち着く

とても大切な結婚指輪が紛失してしまったら、ものすごく悲しくなります。慌てるのも当然でしょう。気分も落ち着かず、冷静でいられない状態になっているのは分かります。でもまずは、落ち着いて下さい。
取りあえずは深呼吸。お茶を一口飲むのも良いでしょう。「落ち着けるわけがない」という怒りの声もあるでしょう。でも不安な気分のままで結婚指輪を探しても、絶対に見つかりません。目の前に結婚指輪がぶら下がっていても、不安な気持ちになっていると見えなくなるのです。

心当たりの場所をもう一度探してみる

落ち着いたでしょうか。少し気分が良くなったら、指輪探しに着手です。まずは、心当たりのある場所を探してください。既に探しているとは思いますが、上手く探せていないことも考えられます。気分が落ち着いた中でもう一度探せば、発見率は上昇するのです。
また立ち寄った施設の保安係に連絡を入れましょう。結婚指輪が落とし物として届いていた場合、届け出があるかと存じます。

警察に届ける

また可能であれば、お近くの警察署に問い合わせもしてみましょう。もしかしたら、警察に結婚指輪の届け出がある可能性はあります。紛失したと思われる場所が違う都道府県の場合でも、近くの警察署に問い合わせても問題はございません。
最近は警察庁のウェブページから、遺失物届を提出することができます。ただ受理までには時間がかかるため、効率悪いのが難点です。さらに全ての都道府県に対応していないので、些か不便ではあります。一刻も早く結婚指輪を探すには、直接お近くの警察に遺失物届を出すのがベストと言えるでしょう。

紛失補償サービスを活用する

以上の方法で探しても、100%結婚指輪が見つかるとは限りません。発見に繋がるかどうかは、運次第になります。警察に届けても音沙汰がない場合は、店に紛失した旨を伝えてください。アフターサービスの一環として、紛失補償サービスを設けている所があります。
紛失補償サービスを活用すれば、同じデザインの結婚指輪が手元に届くでしょう。ただし、紛失補償サービスは有料となっている所がほとんど。全ての店に対応している訳ではないので、ご注意ください。