結婚指輪のルーツや交換する理由を紹介 | 結婚指輪に手作り指輪を東京で探す

HOME » 東京リングガイド » 結婚指輪のルーツや交換する理由を紹介

結婚指輪のルーツや交換する理由を紹介

結婚指輪のルーツは9世紀から

結婚指輪は結婚式を挙げる・挙げないに関わらず購入するカップルがほとんどでしょう。
しかし、なぜ結婚する時に指輪を購入するのか、よく知らないという人も多いと思います。

結婚指輪の始まりは、9世紀にまでさかのぼります。
実は、男性から女性に婚約指輪を贈るという習慣は、さらに前からありました。
結婚指輪については、当時のローマ教皇が妻に指輪を贈ったことを機に、貴族の間で広がったと言われているのです。
結婚指輪は「結婚の象徴」として考えられるようになり、15世紀ごろにはダイヤモンドを施した結婚指輪が用いられるようになりました。

結婚指輪が日本に伝わったのは明治時代と言われています。
戦争が終わって生活様式が西洋化し、ダイヤモンドの輸入が解禁されてから、ダイヤモンドを装飾として用いるようになったのです。

なぜ結婚の象徴が指輪なのか?

では、なぜ結婚の象徴として指輪が用いられるようになったのでしょうか。
その理由は、指輪の形が永遠に途切れることのない「円」であるに大きな意味があります。
また、エジプトの象形文字で「円」は「結婚」を意味するものであったことも関係しています。

このことから、結婚指輪には結婚する2人の気持ちや愛、決意、約束などの意味が込められていると考えられます。
薬指にはめるのは、左手の薬指には心臓につながる太い血管が通っていると考えられていたためです。

また、左手には「愛を深める」「願い事をかなえる」という意味があるため、結婚指輪をはめるにはぴったりの手だと考えられます。

指輪を交換する理由

結婚式で指輪を交換するのは、結婚指輪をお互いの分身やお守りとして考えているからです。
交換することで、離れていてもお互いの愛を守ってくれるという意味があります。

日本でも高度経済成長期のあたりから指輪の交換が定着化し、結婚式で指輪交換の儀式をするのが当たり前になりました。
永遠の愛を象徴する指輪を神様の前で交換することで、生涯相手を愛しぬくことを互いに約束するのです。